『Europe 1』など各メディアは27日、「バイエルン・ミュンヘンのフランス代表FWキングスレイ・コマンが逮捕された」と報じた。

記事によれば事件は土曜日と日曜日、パリ近郊の地域セーヌ=エ=マルヌで発生したという。

キングスレイ・コマンは妻のセフォラ・コマンが居住している家を訪れ、二度に渡って暴力的な口論を行ったとのこと。

原因は広告の契約についての問題であると言われており、月曜日にセフォラ・コマンが暴行を受けたとして警察に訴えた。

その結果キングスレイ・コマンは月曜午前に逮捕され、数時間の尋問で罪を認めた後、保釈されたとのことだ。

なお、公聴会については9月に行われる予定となっている。