ミランはヴォルフスブルクからスイス代表DFリカルド・ロドリゲスを4年契約で獲得したと発表した。

契約は2021年までの4年間となる。

リカルド・ロドリゲスは1992年生まれの24歳。チリ人の母とスペイン人の父との間にスイスで生まれた選手だ。

2012年にチューリッヒからヴォルフスブルクへ移籍すると、ブンデスリーガで149試合に出場。粘り強い守備と攻撃時に見せる高精度のクロスが持ち味の左サイドバックとして活躍してきた。プレースキックの精度は特筆に値するほか、最近はセンターバックとしてもプレーしている。

精力的に補強を進めるミラン。これで、アルゼンチン人DFマテオ・ムサッキオ、コートジボワール人MFフランク・ケシエに続く3人目の選手獲得となった。