『FOX』は23日、「元ブラジル代表MFロナウジーニョは、ルーニーが中国でプレーするのは見たくないと話した」と報じた。

現在マンチェスター・ユナイテッドでの立場が悪化しているルーニー。先日から中国への移籍の噂が流れていたが、本人の意志は当面クラブに残留することだという。

ただ、現在の状況を考えた場合夏にはクラブを離れるのではないかと言われており、その目的地はアメリカ・メジャーリーグサッカーか中国超級リーグではないかと伝えられる。

しかし、元ブラジル代表FWロナウジーニョは以下のように話し、ルーニーが中国でプレーするのはまだ見たくないと語った。

ロナウジーニョ

「これは(中国への)リスペクトを欠くものではないよ。しかし、ウェイン・ルーニーが中国でプレーするのはまだ見たくないね。

おそらく、2~3シーズンはそれを考えられるだろうが、しかし今ではないよ。

もしマンチェスター・ユナイテッドでの時間が終わったとしても、まだ重要な選手になれる。多くのビッグクラブでね。イングランド、イタリア、スペイン、ドイツ、そしてフランスで。

この10年間、ルーニーは私が最も尊敬した選手の一人だ。驚異的なアビリティを持つ。彼がまだチャレンジできるリーグで戦っているところを見たいよ。

また、国際舞台でのキャリアも考えるべきだと思うよ。彼はまだイングランドでもとても重要な選手だ。

ただ、現実的に言えば、トップリーグでプレーしていない選手をナショナルチームに選ぶことは難しくなる。

その前にトップリーグでプレーすることをやめてしまった選手がたくさんいる。おそらく、彼らは最終的に後悔したはずだ。

キャリアは短いものだ。後悔したくないならね」

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名