先月31日に終了した2016-17シーズン冬のマーケット。今回も多くの取り引きが行われ、驚くような額が動くニュースが世界を賑わせた。

そこで、1月1日~1月31日までの間に行われた移籍のうち、最も大きなお金が使われたのはどの取引だったのか?

『Transfermarkt』のデータを利用し、そのランキングTOP21をまとめてみた。

20位:ステヴァン・ヨヴェティッチ(インテル→セビージャ)

移籍金:1350万ユーロ(およそ16.4億円)

ステヴァン・ヨヴェティッチ インテル→セビージャ

20位:レオン・バイリー(ヘンク→レヴァークーゼン)

移籍金:1350万ユーロ(およそ16.4億円)

レオン・バイリー ヘンク→レヴァークーゼン

19位:ジェフリー・シュルップ(レスター→クリスタル・パレス)

移籍金:1380万ユーロ(およそ16.7億円)

ジェフリー・シュルップ レスター→クリスタル・パレス

【次ページ】その2