昨年日本で行われたU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ。

その決勝戦終了後、優勝したバルセロナの選手たちが大宮アルディージャの選手を励ますシーンは世界的に大きな話題となった。

バルセロナ選手の人間育成、ひいてはスポーツの素晴らしさを教えてくれたこの心温まる行動。

スポーツの各分野で活躍した選手や団体を称える賞「ローレウス世界スポーツ賞」の"Best Sporting Moment of the Year 2016"にノミネートされることが決定した。

同賞は2016年のスポーツ界において、最も印象的だった瞬間を決めるというもの。

最終候補の6つに選ばれており、18日午前11時現在で67%の得票率を集めるなど、他を圧倒している(ユーザー投票によって決まる)。

サッカー界からは他にもノミネートされており、EURO2016でのアイスランド代表のバイキング・クラッピングEURO2016決勝後の男の子の振る舞いなども名を連ねている。

投票はこちらから