アルゼンチンの『TyC Sports』は、「テベス不在の上海申花が3部チームに敗れた」と報じた。

2日から日本の沖縄県で合宿をしている中国の上海申花。14日にJ3のFC琉球とトレーニングマッチを行ったが、0-2で敗れた。

テベスは未だ合流しておらず、コロンビア代表MFフレディ・グアリンも欠場したものの、ナイジェリア代表FWオバフェミ・マーティンスは出場。この時期の一戦にもかかわらず2人の退場者を出しての敗戦だった。

『TyC Sports』は、「テベスはドバイから到着しておらず、主将のジョバンニ・モレノ、グアリンの両コロンビア人が不在だった」ことを記したうえで、ウルグアイ人グスタボ・ポジェ監督率いる中国の強豪クラブが、日本のJ3に所属するチームに敗れてしまったことを驚きをもって伝えている。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら