国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、「レアル・マドリーに対する補強禁止処分を削減することを決定した」と報じた。

今年1月、未成年者の外国人選手と契約していたとして、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーにFIFAから1年間の補強禁止処分が言い渡された。

それに対して、クラブ側は意義を申し立てていたが、FIFAはそれを却下。レアル・マドリー側がCASへと訴えることを選択した。

そして今回調査の末CASはその補強禁止処分を1つの移籍マーケットのみに削減するという判決を下したとのことだ。

その理由については、レアル・マドリーの調査の結果FIFAが予想していたよりも違反が深刻でなかったためであるという。

これによって、レアル・マドリーが選手の獲得を禁止されるのは2017年1月のマーケットのみ。2017年7~8月には新たな補強が可能となる。

なお、アトレティコ・マドリーについての判決はまだ発表されていない。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」