29日、イングランドではリーグカップにあたるEFLカップの5回戦が行われ、リヴァプールはリーズと対戦。

試合は2-0でリヴァプールが勝利し準決勝進出を決めたのだが、期待のタレントがプロ初ゴールをマークした!

その選手とは、ベン・ウッドバーンだ。

ウッドバーンは1999年10月15日生まれのMF。

リヴァプールユース出身のFWで、昨シーズンはU-18チームが参加するFAユースカップでデニス・ベルカンプばりの神トラップからスーパーゴールを決め一躍話題に。

今シーズンの開幕前には弱冠16歳ながらトップチームに帯同し、プレシーズンマッチで2試合連続ゴールをあげるなどユルゲン・クロップ監督からの評価も上々だった。

そんなウッドバーンはこの日のリーズ戦で67分から途中出場。すると81分に結果を残す。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

ウッドバーンはこれが公式戦での初ゴール。

17歳45日でのゴールはリヴァプール史上最年少であり、マイケル・オーウェンが持っていた記録を4ヶ月ほど更新した形だ。

ウッドバーンは先週末に行われたプレミアリーグのサンダーランド戦でトップチームデビューを果たしたばかり。この日はスティーヴン・ジェラードが引退を発表した直後の試合であり、その数奇なめぐり合わせがファンの間で話題になっていた。

ちなみに29日のリーズ戦には、ジェラードが観戦に訪れていた。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名