先日行われた英3部、 ベリー対AFCウィンブルドン戦でこんな出来事があった。

ゴールライン際でボールを競ったベリーFWジェイムズ・ヴォーンが、相手DFバリー・フラーにショルダーチャージ!あまりの当たりの激しさで、空中へ吹き飛ばされたフラーはピッチ脇の広告に衝突してしまった…。

雨の影響で滑りやすくなっていただろうが、フラーは2メートルほどは吹っ飛ばされている。まるでプロレスのようなシーンであったが、ヴォーンにはカードすら提示されなかった。さすがイングランド…?

ちなみに、ジェイムズ・ヴォーンはもとはエヴァートンで育成された選手で、2005年にはプレミアリーグ史上最年少ゴール記録(16歳271日)を樹立したFW。

華々しいデビューであったが、28歳となった現在は3部でプレーしている。今季加入したベリーでは8戦5ゴールと存在感を見せているものの、4枚のイエローカードにレッドも1枚貰っているようだ。