スペイン1部リーグ第6節、アスレティック・ビルバオ対セビージャ戦で珍しいシーンがあった。きっかけは終了間際の88分に起きたこのプレー。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

セビージャのイタリア人GKサルヴァトーレ・シリグが、相手FWアリツ・アドゥリスに肘打ち!この行為によりレッドカードで一発退場になってしまったのだ。

69分という時間帯に交代枠を使い切っていたセビージャは、控えGKを投入することはできず。そのためMFビセンテ・イボーラが急遽ゴールマウスに立つことに。その結果は…。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

身長190cmと長身のイボーラはアドゥリスの蹴ったPKに対し、コースは読んだものの防ぐことはできず。

この失点が決定的となり、セビージャは1-3で敗戦。なお、清武弘嗣はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。

敵地サン・マメスで今季リーグ戦初黒星を喫したセビージャ。ホルヘ・サンパオリ監督が「試合をコントロールできていたが、2失点目で望みが潰えた」と述べた一方、イボーラは「ここで勝つためには単なるポゼッション以上の何かが必要だ」と口にしていた。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名