『Liverpool Echo』は「リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、フランス代表DFママドゥ・サコをキャンプから追放した理由を語った」と報じた。

現在アメリカでプレシーズンツアーを行っているリヴァプール。しかし月曜日にママドゥ・サコがカリフォルニアのキャンプ地から追放され、イングランドに帰されている。

その理由について、クロップ監督は以下のように話し、いくつかのルール違反が続いたからであると説明した。

ユルゲン・クロップ

「私はここでグループを構築しなければならない。新しいスタートを切らなければならないのだ。

したがって、私はママドゥ・サコをリヴァプールに戻すことを考えた。我々が帰る8〜10日後に、それについて話すことができる。特に深刻なものではない。

彼は飛行機の出発時間を逃し、治療セッションを逃し、食事に遅れてきた。

我々にはいくつかのルールというものがあり、それらをリスペクトしなければならない。

もし誰かがそれを尊重しない、あるいはそのように感じさせられるようなことがあれば、私はそれに反応しなければいけない」

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」