創立20周年となる今シーズンからチーム名を変更し、ホームタウンエリアを札幌市だけではなく北海道全土へと拡大したJ2の北海道コンサドーレ札幌。

そんな記念すべきシーズン、現在勝ち点36の首位。2位のファジアーノ岡山と3位のセレッソ大阪は勝ち点34で追いかけているが1試合多いため、非常に好調なシーズンを送っているといえるだろう。

今シーズンのコンサドーレといえば守備の堅牢さが売りの一つだろう。現時点での失点数は13。これは松本山雅FCと町田ゼルビアと並びリーグ最小を誇る。第9節のセレッソ戦から第14節のカマタマーレ讃岐戦までの5試合(※)が1-0での勝利であり、守備陣の貢献は計り知れない。(※第12節のロアッソ熊本戦は延期)

また、エースFWの都倉賢はすでに10ゴールを奪う活躍。チームの攻撃を牽引する役目を果たしており、J2得点ランキングでも清水エスパルスの大前元紀(10ゴール)に次ぐ2位につけている。

そんな都倉がSNS上に1枚の写真をアップロードしているのでご紹介したい。

Ken Tokuraさん(@tokuraken)が投稿した写真 -

これは、試合前の札幌ドームの様子であるという。都倉のコメントを引用させていただこう。コンサドーレの強さの秘訣が結束力であることを感じ取れるはずだ。

都倉賢
(北海道コンサドーレ札幌)


「いつもホームの試合前はメンバー外の選手達が送り出してくれる。各々、出れなくて悔しい気持ちや色々な感情が渦巻く中で心から応援してくれる。10年以上かけて僕自身も勿論どちらの立場も何度も経験する中で、ひとつのチームとしてできることは、その瞬間みんなにある、という事がわかった。これからも、チーム一丸となって、 #いくぞj1」

都倉はたびたびアツい言葉をSNS上で発信しているが、今回の投稿は特にアツい。彼の言葉を受け、チームメイトたちも発奮しているに違いない。

J2は42試合の長丁場であり、まだ17試合を終えたばかりと半分にも満たない。もしかしたらこの先に試練が待っているかもしれいが、彼らなら持ち前の結束力で一丸となって乗り越えてくれることだろう。

なお、都倉は本日6月16日が30歳の誕生日。公式ブログでは「はぁ〜〜 次の試合から30才って書かれちゃうのか…笑」と記載していたが、ここはしっかり強めに報じさせていただこう。

都倉賢、30歳の誕生日おめでとう!