大会5日目。グループステージ初戦の最終試合に、満を持してクリスティアーノ・ロナウドが登場した。

ポルトガルはアイスランドと激突。アイスランドはEURO初出場であり、レアル・マドリーのスーパースターを擁するポルトガル優勢と見られていたが、1-1の引き分けに終わっている。

エースのロナウドはもちろん先発。90分プレーしたものの不発に終わったのだが、Twitter上では「クリスティアーノ・ロナウドはどこへ行った?」と騒がれる事態になっている。

「探しています!名前:ロナウド、ポルトガルの試合でウォーミングアップしている所が最終目撃でそれ以降は見かけていません」

「尋ね人:アイスランド戦の前にウォーミングアップしていたのが最終目撃です」

また、クリスティアーノ・ロナウドの移籍金に引っ掛けたこんなツイートも。

「クリスティアーノ・ロナウドは8000万ポンド。アイスランドの23選手の合計(1940万ポンド)の4倍以上。率直に言って驚き」

なお、『Opta』によれば、アイスランド戦のロナウドは10本のシュートを打ったものの、枠内シュートはわずかに1本であったとのこと。

アイスランド戦の個人ハイライトはこんな感じ。

UEFAチャンピオンズリーグのファイナルでもあまり調子の良くなかったロナウド。ビッグトーナメントを前にシーズンの消耗が影響しているのかもしれない。

しかし、おそらくこれらの声はロナウドも気づいているだろう。今大会随一のスーパースターとして次の試合で巻き返してくれるはずだ。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら