8月18日、『Liverpool Echo』は「エヴァートンに所属しているアイルランド代表MFダロン・ギブソンは、日曜日に飲酒運転で逮捕されていた」と報じた。

記事によれば、ダロン・ギブソンは日曜日の夜9時45分頃、所有している日産・スカイラインGT-R(およそ2400万円)を運転中に自転車と接触し、さらに近くのガソリンスタンドに突入した上、ポンプに激突してようやく停止したとのこと。

駆けつけたマンチェスター警察がギブソンの呼気検査をしたところ、基準を超えるアルコールの摂取が確認され、逮捕、起訴されることになったようだ。

現場はオルトリンチャムの自宅から1.6km離れた地点で、ダナム・ロード付近のガソリンスタンドであると伝えられている。

なお、ギブソンは裁判が行われる9月1日まで仮釈放されており、チーム内での処分がなければ試合に出場することは可能である。

ダロン・ギブソンはかつてマンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育成され、2012年まで所属していたことで知られているMF。2012年にエヴァートンに完全移籍しており、現在の週給は5万ポンド(およそ1000万円)であると言われている。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名