バイエルンの指揮官、ジョゼップ・グアルディオラがバルセロナの若手アタッカー、アダマ・トラオレに興味を示しているようだ。

バルセロナBのセグンダB(スペイン3部)への降格に伴い、ローン移籍が濃厚と噂されているアダマ・トラオレ。ストーク・シティが興味を示しているようだが、グアルディオラとバイエルンは”購入”を検討しているようだ。

アダマ・トラオレとバルセロナの契約には2500万ユーロ(およそ33億9000万円)の売却条項が設定されている。しかし、バイエルンは現実的には1500万ユーロ(およそ20億3000万円)で獲得できると計算しているようだ。

『RAC-1』によれば、グアルディオラは新シーズンからチームに加えることを切望しているという。バルセロナのアメリカツアーに帯同しておらず、ローン移籍の可能性も含めアダマ・トラオレが今夏他のチームに渡る可能性は強そうだ。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら