5月29日、『Metro』は「イングランド・プレミアリーグのアーセナルは、フランス・リーグアンのRCランスからFWヤシン・フォルテュネとMFジェフ・レーヌ=アデレードを獲得した」と報じた。

2名共にU-19チームに所属していたアマチュア選手であり、RCランスのトップチームでは出場経験がない。

ヤシン・フォルテュネは1999年生まれの16歳。フランスU-16代表の経験を持っているアタッカーであり、1月のチェコ戦、ウクライナ戦でゴールを決めている。彼に対してはマンチェスター・ユナイテッドも以前から興味を示していた。

ジェフ・レーヌ=アデレードは1998年生まれの17歳。フランスU-17代表チームの主力選手であり、前線であればどこでもこなせるアタッカーである。

以前の『Daily Mail』の報道によれば恐らく2名で300万ポンド(およそ5億5000万円)程度の移籍金になると推測されている。

とはいえ、ユースの選手であるためクラブから公式のアナウンスはなく、今回の情報も彼らがアーセナルのキットを身につけていた写真からのものだけに、正式に決定しているわけではない可能性もある。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名