リヴァプールとマンチェスター・ユナイテッドが激突したビッグゲームで、衝撃的だったのがスティーヴン・ジェラードの退場シーン。

後半から投入されたジェラードだが、わずか45秒あまりで一発レッドで退場に…。その後、「チームメイトと監督をがっかりさせてしまった。より大事な全てのサポーターたちも」と自らの行為を悔いていた。

その衝撃シーンが速くもLEGO動画になっていた。お馴染み『the guardian』のシリーズである。

マタにハードジャージを浴びせた後、タックルしてきたエレーラの足を踏みつけたシーンを再現。再現度云々というより、仕事の早さがさすがイングランドである。

【厳選Qoly】川村拓夢も!サンフレッチェ広島ユースが輩出した「地元出身」の最高傑作6名