英4部AFCウィンブルドンでプレーする巨漢FW、アデバヨ・アキンフェンワが豪快なゴールを決めた。エクセター・シティ戦での一撃がこちら。

強靭なフィジカルで相手DFを弾き飛ばすと、ハイボールを胸トラップからのハーフボレーでズドン!なんとも美しい豪快弾であった。

ただ、チームは前半に退場者を出したこともあって逆転負け。ウィンブルドンは現在12位で、リーグ戦残り10節でプレーオフ圏内とは勝ち点差7となっている。

なお、これまで 1つのチームに30か月以上在籍したことがないアキンフェンワだが、ウィンブルドンから離れるプランはなく自身のキャリアを捧げることもほのめかしている。アキンフェンワは5月で33歳になる。