2006年のワールドカップで世界制覇を果たし、マルチェロ・リッピやファビオ・カペッロが率いたユヴェントスでも長く活躍したMFマウロ・カモラネージ。

かつての同僚についてユニークなコメントを残している。

現役時代、その独特なヘアーで人気を博したカモラネージは現在38歳。昨年2月に現役を引退し、最近では代表チームに関してコメントするなど再びメディアに登場してきている。

さて、そんなカモラネージがこのほどアンドレア・ピルロに関しておもしろいことを話しているそうだ。

英国『Telegraph』が展開する『Project Babb』の中からご紹介しよう。

マウロ・カモラネージ(元イタリア代表)

「彼に対する批判を時々耳にするが笑うよ。

ピルロが問題になることは絶対にありえない。彼は問題を解決するんだ。

ピルロは40代までプレーできると確信しているが、現在のイタリアサッカーのレベルを考えると、彼は50~53歳になるまでプレーする可能性があるね。

彼ほどクオリティやインテリジェンスを持っている人を私は1人も知らないよ」

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名