ラツィオの会長、クラウディオ・ロティートはリヴァプールのストライカー、マリオ・バロテッリをイタリアへ連れ戻すという話題を一蹴した。

先週、バロテッリの代理人であるミーノ・ライオラと会談を行ったロティート。話し合いの内容は移籍の可能性を探るものだったようだが、単なる会合に終わってしまったようだ。

移籍市場について問われたロティートは以下のように語っている。

クラウディオ・ロティート (ラツィオ会長)
「マーケットでは自分たちが何ができるかを考えている。ロッカールームにおける化学反応を続けたい」

「バロテッリ?我々は夢を売るわけじゃなく、確固たる現実を売りたい」

「フェリピ・アンデルソン?彼はマーケットにいないよ。彼は本物の宝石さ。私は財宝を失わないよ」