今シーズン限りでリヴァプールからの退団が決定しているスティーヴン・ジェラード。

先日行われたチェルシーとのカーリングカップ準決勝では、 アンフィールドに登場した彼の新たな巨大フラッグが注目を集めた。

さて、そんなジェラードも今年で35歳。

ジェラードのリヴァプールでの挑戦は惜しまれつつも今年限りということになるのだが、今年のジェラードの誕生日がなんとも運命的であることをご存知だろうか?

ジェラードの誕生日は2015年5月30日である。

では、リヴァプールが参加しているコンペティションにおける最終試合の日程を見てみよう

【リヴァプールが参加するコンペティション、それぞれの最終試合】
2015年3月1日(日) キャピタルワン・カップ 決勝
2015年5月24日(日) プレミアリーグ 最終節
2015年5月27日(水) UEFAヨーロッパリーグ 決勝
2015年5月30日(土) FAカップ 決勝

そう、なんとリヴァプールが現時点で戦いうる全てのコンペティションの中で、最後に行われるのが5月30日のFAカップ決勝であるというのだ。

つまり、ジェラードにとってのリヴァプールでの最後の試合が自身の誕生日になる可能性があるのである。

昨シーズン、大一番のチェルシー戦で転倒してしまい、あと一歩のところでプレミアリーグ制覇を逃したジェラード。もちろんまだ1月であり、ジェラードにとってのリヴァプールでの最終戦を5月30日と仮定するのは時期尚早である。

しかし、チームメイトにジェラードという偉大なるキャプテンのラストマッチをいい形で彩りたいと感じさせるには十分すぎるめぐり合わせである。

現地時間24日、FAカップの4回戦ボルトン戦を引き分け、再試合を戦うことになったリヴァプール。

しかし、このラウンドではマンチェスター・シティやチェルシーが相次いで敗れており、風はリヴァプールに吹いているともとれる。

このなんとも奇遇なめぐり合わせが、チームを一致団結させるか注目である。