この夏、マンチェスター・シティからバレンシアへと移籍したものの、プレシーズンで骨折をしてしまった元スペイン代表FWアルバロ・ネグレド。現在ではすでに復帰しており、主力として起用されている。

長いリハビリを経て、復帰戦を戦った際には「鳥肌が立った」とコメントしたネグレド。レアル・マドリーを破ったリーガ・エスパニョーラ第17節でも先発するなどすっかり頼れる存在としてプレーしているのだが、トーレニングでも調子のいいところを見せているんだそうだ。

逆さを向いているゴールに対して、マイナス45度とも呼べる位置からこのキック!バウンドを利用しているとはいえ、なかなか難易度の高いシュートである・・・。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら