先日行われたAリーグ、メルボルン・ヴィクトリー対ウェリントン・フェニックス戦でのワンシーンが話題になっている。

メルボルンのコナー・パインが2点目を決めたシーンでピッチ上には多くの鳥たちが…アルフレッド・ヒッチコックの映画『The Birds』を思い起こさせるようなシーンだと話題のようだ。

ウェリントンのHPによれば後半になってこの鳥たちは増えたそうで、彼らはカモメだそうだ。 ちなみに、メルボルンは湾に面する港市で、試合会場のAAMIパークのそばにはヤラ川という川が流れている。 昨年メルボルンの別の会場で行われた試合でもカモメが飛んでおり、ままあることなのかもしれない。(よく見ると選手たちも特別気にしている様子もない)

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」