9月28日、『Skysports Italia』は「アタランタ戦でユヴェントスでのデビューゴールを決めたスペインU-21代表FWアルバロ・モラタが喜びを語った」と報じた。

今夏レアル・マドリーからユヴェントスに加入したアルバロ・モラタ。ところが加入からすぐに練習で怪我を負って離脱し、デビューが遅れてしまった。チームへの溶け込みという点でもハンディがあったものの、同じスペイン出身のフェルナンド・ジョレンテが助けになったと話している。


アルバロ・モラタ

「僕はチームの勝利にも、自分のゴールにも、非常に満足しているよ。

新しいチームメイトやコーチとは非常に良い関係を築いている。新しい国、新しいリーグにやってきて、すぐに慣れることは容易なことじゃない。

フェルナンド・ジョレンテは多くのことを支援してくれている。彼は並外れた選手であると同時に、偉大な人間なんだ。僕が確認しなければならない動きなどをいつも教えてくれる。

(レアル・マドリーからの退団について?)

僕は精神面でより自由が欲しかったし、新しい冒険を試してみたかった。それがここに来た理由だよ」


【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名