今季、バレンシアに(レンタル)加入したFWロドリゴ・マシャド。

昨季ベンフィカで強烈なインパクトを残したロドリゴ・マシャドは23歳。 ブラジル出身ながらレアル・マドリーの下部組織で育つなど現在はスペインU-23代表としてプレーしているストライカーである。 強烈かつ精度の高いシュートを放つ左足を武器とするマシャドはヘタフェ戦でこんなプレーも見せていた。

ロングボールに対し相手DFをしっかりブロックしつつ、左足で見事にコントロールしてみせた。 なお、この試合でロドリゴ・マシャドはPKによるゴールを決めたのだが、その直後に2枚目となるイエローカードを受けて退場。若さを見せてしまった。試合は3-0でアウェイのバレンシアが勝利している。

バレンシアのヌーノ監督はPKの後にロドリゴの交代を考えていたそうで、「 ロドリゴのゴールに満足している。だが、退場してしまったので悲しいし、(次節以降?)悩ましい」 」と語っていた。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

ちなみに、バレンシアの選手たちが着用していたのは“Orange Is Back" な新アウェイユニフォーム

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名