セリエAの4連覇とUEFAチャンピオンズリーグでの進撃を目指すユヴェントスは、1月の移籍ウィンドウでも更なる補強を続けるつもりのようだ。

【関連記事】アーセナルやチェルシーが獲得を狙うPSGの19歳アドリアン・ラビオってどんな選手?

夏の移籍ウィンドウでPSGからキングスレイ・コマンを引き抜く事に成功したユヴェントス。コマンがすぐに活躍したこともあり、今度は同じPSGのアドリアン・ラビオの獲得に動く事に決めたようだ。

守備的MFのラビオは才能を高く評価されている逸材だが、残りの契約があと1年となっており、フランス国外のクラブは1月から事前交渉が可能になる。

しかし、『Tuttosport』によれば、ユヴェントスは1月の移籍ウィンドウでの獲得を望んでおり、PSGと取引をする構えのようだ。ユヴェントス側の希望はスイス代表DFのシュテファン・リヒトシュタイナーとのトレードとのこと。リヒトシュタイナーも既に契約最終年となっており、現時点で契約延長は行われていない。

なお、ラビオにはアーセナル、ローマ、チェルシーらが関心を示しているといわれている。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら