7月28日、サウサンプトンの監督を務めるロナルト・クーマン氏のツイートが波紋を広めていると『Metro』が報じた。

前監督のマウリシオ・ポチェッティーノ氏に続き、アダム・ララーナ、リッキー・ランバート、デヤン・ロヴレンがチームを離れ、そしてカラム・チェインバースとジェイ・ロドリゲスにも移籍の噂があり、選手の流出が止まらないサウサンプトン。

今季から監督を務めるロナルト・クーマン氏がこのようなツイートをすると……

「それを見て判断すると、今のチームの全員がそこにいるようだね」

「それがリヴァプール戦の先発メンバーですか?」

「0-0-0フォーメーションに取り組んでるんですか?」

「サウサンプトンのメンバーはすでに新シーズンの準備が出来ているようだね」