7月16日、イングランド・プレミアリーグのチェルシーFCは「アトレティコ・マドリーとの間で行われていたDFフィリペ・ルイスの獲得交渉が合意に達した」と公式発表した。

フィリペ・ルイス・カスミルスキ、通称”フィリペ・ルイス”は1985年生まれの28歳。ポーランドやイタリアにもルーツを持っているブラジル人左サイドバックである。

フィゲイレンセの下部組織出身で、日本に来る前のフッキが所属していたことでも知られる(選手ころがしで一部では有名な)ウルグアイのレンティスタスに買われた後、スペインへのレンタル移籍で才能を開花させた。デポルティーボ・ラ・コルーニャで長くプレーした後2010年にアトレティコ・マドリーに移り、4シーズンで127試合に出場、2ゴールを決めている。

なお移籍金などについては公表されていない。