6月28日、『Skysports Italia』は「イタリアサッカー連盟は、ワールドカップの敗退を受けて辞任したチェーザレ・プランデッリ監督の後任に、アントニオ・コンテ氏を任命することを検討している」と報じた。

現在指揮官不在の状況となっているイタリア代表。以前報道では後任としてロベルト・マンチーニ氏、マッシミリアーノ・アッレグリ氏、ルチアーノ・スパレッティ氏、またアルベルト・ザッケローニ氏、などの名前が挙がっていた。

しかしイタリアサッカー連盟は理想的な監督を引き入れるための選択肢として、現在ユヴェントスと契約しているアントニオ・コンテ氏を、パートタイムという形でイタリア代表と兼任してもらうという案を考えているという。

なお、EURO2016の予選は今年9月7日から開始。イタリアは9月9日にノルウェーとのアウェーゲームを戦うことになっている。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名