アーセナル移籍が噂されているアトレティコ・マドリーのDFフアンフランだが、選手本人に移籍の意思がないようだ。

フランス代表サイドバック、バカリ・サニャの退団が濃厚なアーセナル。代役候補としてコートジボワール代表のセルジュ・オーリエや日本代表の内田篤人と共にスペイン代表のフアンフランの名前が浮上しているが、選手本人はアトレティコへの忠誠を誓っており、移籍の意思がない『AS』が報じている。

フアンフランは2011年にアトレティコに加入。以降、ファーストチームの選手として欠かせない選手であり、先日クラブと契約を更新したばかり。アーセナルは4倍の給料で移籍を誘ったようだが、本人は移籍に興味がないようだ。