ユヴェントスのMF、セバスティアン・ジョヴィンコにアーセナル移籍の噂が浮上している。

『Calciomercato.it』によれば、ジョヴィンコはユヴェントスとの残りの契約が1年となっており、アーセナルは獲得候補としてリストに入れているという。ジョヴィンコの代理人、クラウディオ・パスクワリンは移籍の可能性があることを示唆している。

「セバスティアンはあと1年契約を残している。我々は何が起きるかじっくり待つしかないし、そうするだけだね」

「もしクラブが延長を望めばそれは良いことだ。しかし、そうでなければ、我々は他のクラブを探すしかない」

今季のジョヴィンコは所属のユヴェントスでテベスとジョレンテの牙城を崩すことが出来ず出場機会が激減。4月の代表候補キャンプから外れ、そのまま先日発表されたワールドカップのイタリア代表候補30人にも落選している。

【厳選Qoly】川村拓夢も!サンフレッチェ広島ユースが輩出した「地元出身」の最高傑作6名