昨シーズン、FAカップを見事に制覇したものの無念の2部降格となってしまったウィガン・アスレティック。

そのウィガンはここ最近絶好調で公式戦8連勝を記録。9連勝をかけてホームでのリーグ第31節、ヨーヴィル戦に挑んだのだが、試合は壮絶な展開となった。

ウィガンは前半にMFジョルディ・ゴメスがPKをストップされるも、後半にMFニック・パウエルのゴールで先制したのだが…

 

ウィガンは82分、85分と立て続けに相手FWイシュメイル・ミラー(元シティ)にゴールを許し逆転されるも、すぐにMFジェイムズ・マッカーサーの得点で同点とすると、88分にMFジャン・ボセジュールのクロスが相手のオウンゴールを誘発し再逆転!

これで9連勝までもうすぐとなった後半アディショナルタイム4分、コーナーキックから痛恨の失点。。。ラスト10分ほどで両チームが5点を奪い合う試合は3-3の痛み分けで終了を迎えた。

試合後、ウィガンのウーヴェ・レスラー監督は「我々は勝利には値しなかった。全体的にいってヨーヴィルは相当に手ごわかった。我々は持てるもの全てを出し尽くした。ラスト10分で疲れ果ててしまった。 個人を批判することはない。選手たちをとてもリスペクトしているよ。今夜のサポーターは素晴らしかった」とコメント。

現在、ウィガンは暫定でリーグ5位となっている。ちなみに、『BBC』によれば、ウィガンにとって8連勝は1978年以降で最高の連勝記録だったそう。

~

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら