バルセロナ、A・サンチェスの放出の準備か?

バルセロナのチリ代表アタッカー、アレクシス・サンチェスについてクラブはオファーを聞く構えがあるようだ。『Tuttosport』によると、バルセロナは約1800万ユーロでサンチェスを放出する準備があるという。サンチェスについてはユヴェントスとリヴァプールが獲得に興味を持っていると言われている。サンチェスは昨夜のセビージャ戦で先発しており、今季はリーグ戦25試合中17試合に出場している。

ラツィオ会長、ペトコヴィッチ留任に自信

ラツィオのクラウディオ・ロティート会長は監督のウラディミール・ペトコヴィッチ監督の留任に自信を見せている。ロティート会長はボスニア人指揮官がクラブを去るとは考えていないようだ。

「彼がラツィオで居心地悪いと感じているようには思わない。彼が去りたいという理由を見た事がないよ」

「我々は彼との契約を延長する準備をしている。契約中の選手や監督に接触するという悪習慣は終わりにしてもらいたいね。それはスポーツの価値にならないよ。重要なのはルールが常に尊重されることだよ」

ラベッシ、セリエAに復帰の可能性を閉ざさず

PSGのアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシはセリエAへの復帰の可能性を閉ざしてはいないようだ。ラベッシはナポリで活躍し名声を築きあげている。

「パオロ・カンナヴァーロ、マレク・ハムシーク、ジャンルカ・グラーヴァ、ギョクハン・インラーや他のアルゼンチン人選手らとよく話をするよ」

「パリは気に入っているけど、ナポリがチョット恋しいのは認めるよ。サッカーがとても熱狂な都市を離れたけれども、自分の決めた事に今も満足しているよ。パリが自由なのに対してファンタスティックな感動と多くの愛情を受けていたね」

「セリエAに戻れるかって?わからないね。今もイタリアのサッカーに魅了させられているし、将来的に戻る事もあるかもしれないね」

(筆:Qoly編集部 L)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}