2002年から2010年までユヴェントスの一員として戦い、「カルチョポリ」の判決によりセリエB降格が決定した暗黒期も支えたマウロ・カモラネージ。現在は自身のルーツである、アルゼンチンのラヌースでプレーしているが、『Sky Italia』のインタビューの中で古巣に対してお祝いのメッセージを送った。

「既にアレックス・デル・ピエロには『スクデットおめでとう』って話したよ。この優勝までに6年がかかったけど、誰しも待ちわびていた結果だ」

「しかも、今季は無敗優勝。この偉業を形容することはなかなか難しいね」

「三つ目の星(来季のユニフォームには優勝回数を表す星が追加される)は、全てのビアンコネーリたちへの贈り物だろう」

(筆:Qoly編集部 T)

{module [170]}
{module [171]}

{module [173]}

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名