{module [128]}

冬の移籍市場が幕を開け、世界各国で様々な移籍が確定しているが、イギリスの人気Webサイトにて“バーゲン価格”で獲得できる10人が紹介されていたので、一覧にまとめてみた。

ニキツァ・イェラヴィッチ(レンジャーズ/クロアチア代表)


推定移籍金:約600万ポンド

ギャリー・ケイヒル(ボルトン/イングランド代表)


推定移籍金:約700万ポンド

サロモン・カルー(チェルシー/コートジボワール代表)


推定移籍金:約800万ポンド

リッカルド・モントリーヴォ(フィオレンティーナ/イタリア代表)


推定移籍金:約600万ポンド

アンディ・ジョンソン(フラム/元イングランド代表)


推定移籍金:約200万ポンド

ジュニア・ホイレット(ブラックバーン/カナダ)


推定移籍金:約800万ポンド

ダロン・ギブソン(マンチェスター・U/アイルランド代表)


推定移籍金:約400万ポンド

エステバン・グラネロ(レアル・マドリー/元スペインU-21代表)


推定移籍金:約800万ポンド

ロマン・パヴリュチェンコ(トッテナム/ロシア代表)


推定移籍金:約800万ポンド

サリー・ムンタリ(インテル/ガーナ代表)


推定移籍金:約800万ポンド

代表クラスの実力を備えた10人が名を連ねたが、この中で特に移籍が近いと目されているのは、ギャリー・ケイヒル、ロマン・パヴリュチェンコ、エステバン・グラネロ、アンディ・ジョンソンあたりだろうか。

特にケイヒルは、昨年夏にトッテナムからもたらされた2500万ポンドのオファーを蹴る形でボルトンは慰留に努めたが、ケイヒル自身が契約延長を渋っており、「放出はやむを得ず」という雰囲気になりつつある。「チェルシーとボルトンが合意に至った」との報道もあり、近日中に公式発表があるかもしれない。

(筆:Qoly編集部 T)

{module [126]}
{module [123]}
{module [125]}

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名