{module [128]}

イングランド・プレミアリーグに所属しているアーセナルFCは、来年ナイジェリア・ツアーを行い、いくつかのナイジェリア・プレミアリーグのクラブと親善試合を行う計画があることを明らかにした。

これは打ち合わせのためにナイジェリアサッカー協会を訪れた代表団の一員、アーセナルFCのマーケティング・ディレクターであるアンガス・キニアが発言したもの。

アンガス・キニア

ナイジェリア協会会長代行を務めている弁護士ムサ・アマドゥもそれに応え、情熱を持って歓迎する旨をアーセナル側に伝えた。ナイジェリアは2年前にマンチェスター・ユナイテッド、ポーツマスのツアーを受け入れており、アマドゥは『彼らがフットボールファンの情熱に驚いていたことを思い出す』と発言している。

アンガス・キニアも、アーセナルに対するナイジェリアのサポートに驚いたと話しており、ツアーを確実に実行することを約束した。

「今見ているものに驚いています。私たちが関係する20以上の国の中で、ナイジェリアは高い価値と大きな伝統を持っていると思います。そして、この国が排出したタレントを私たちはいくらか預かって管理していますよ」

(筆:Qoly編集部 K)

{module [126]}
{module [123]}
{module [125]}

【厳選Qoly】ジュビロ磐田ユースが輩出した「世界規格」の最高傑作5名