{module [128]}

「テベスが欧州各国のクラブから関心をもたれ、数クラブとは交渉も進んでいる」といった類のニュースは、様々なメディアが連日のように取り上げているが、ここにきて「テベスとミランは既に契約合意に至っている!?」という噂も根強くなっている。その発端は『Daily Mail』だ。

同紙によると、ミランはテベスのブラジル移籍が破綻に終わった頃から着実にアプローチを重ね、遂にテベス本人、代理人との契約合意に。契約期間は半年間(300万ポンドの給料)で、さらに、来年6月に2年間の契約延長を選択できるというオプション付きで話はまとまったようだ。

情報ソースが『Daily Mail』ということで、眉唾ものであることは否めないが、仮に真実であるならば、ミランの後半戦に大きな楽しみが増えることだろう。

(筆:Qoly編集部 T)

{module [126]}
{module [123]}
{module [125]}

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名