{module [128]}

先日アフリカ・ネイションズカップ予選でまさかの敗退を喫したナイジェリア代表、通称「スーパーイーグルス」。前監督サムソン・シアシアを解任していたが、このたび新指揮官に元代表選手のステファン・ケシを招聘したことを発表した。ケシはかつて2006年にトーゴ代表を率いてワールドカップ出場を成し遂げた実績を持つ。

アシスタントコーチはまだ決定されていないが、ステファン・ケシの希望を最優先に今後人選が行われることとなっている。契約期間は2014年までで、結果次第で大会終了後に契約更新のオプションが付くとのこと。与えられたノルマは準々決勝への進出である。

一方、解任されたサムソン・シアシアは「解雇は契約条件に反した行為だ」とナイジェリアサッカー協会を訴えている。

「結果が出なかったのだから、解任は当然だ。しかし給与をもらっていない。これは支払われるべきだ」

また、「一方の都合により契約を解除する際は30日前に通知する必要がある」という条項も守られていないと主張している。

(筆:Qoly編集部 K)

{module [126]}
{module [124]}
{module [123]}
{module [125]}

【厳選Qoly】川村拓夢も!サンフレッチェ広島ユースが輩出した「地元出身」の最高傑作6名