{module [128]}

10月9日、モーリシャスを破ってアフリカ・ネイションズカップ予選を全勝で突破したセネガル。カメルーン、DRコンゴとといった強国を相手にした結果とあって、各プレスでは早くも優勝候補に挙げる記事も見られている。

しかし、かつて日韓ワールドカップで旋風を巻き起こしたセネガル代表チームの一員としてプレーした経験を持ち、2009年から監督を務めているアマラ・トラオレは「冷静さを保つことが必要だ」とル・ソレイユ紙のインタビューで語った。

「我々が優勝候補なんて、ただの理論に過ぎないよ。選手たちには地に足を付けた態度を求めたい。結局、最高のチームが決勝に駒を進める。そのためには相手を尊重しつつ、ハードワークに努めなければならないんだ」

(筆:Qoly編集部 K)

{module [126]}
{module [124]}
{module [123]}
{module [125]}

【厳選Qoly】メッシ引退後にアルゼンチン代表の背番号10を継承しうる5人