ドイツのシュトゥットガルトで惨めなパフォーマンスに終始し、今冬にクラブとの契約を解除した元イタリア代表MFマウロ・ヘルマン・カモラネージ。当サイトでは、その新天地候補として、生まれ育った祖国である、アルゼンチンのラヌースへの復帰が噂されていることを伝えたが、この程、ラヌースはカモラネージと2年契約を結んだことと、4日からチームに参加する予定であることを発表。結果はその噂通りとなった。

ちなみに、カモラネージにとっては、1997年に所属したバンフィエルド以来のアルゼンチンリーグでのプレーとなる。

(筆:Qoly編集部 T)


【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名