■ オリンピック・リヨンに所属するフランス代表DFジャン=アラン・ブームソンに対し、ギリシャ1部のパナシナイコスが獲得のオファーを送った模様。パナシナイコスは既にリヨンからFWシドネイ・ゴヴを獲得しており、これが実現すればFWジブリル・シセと合わせて3人のフランス代表選手が揃うことになる。

■ ボルドーに所属しているフランス代表アル・ディアラがオリンピック・マルセイユに移籍することが確定的となった。期間は4年間、月給25万ユーロでの契約でサインした模様。

■ イングランド1部のトッテナム・ホットスパー、スペイン1部のアトレティコ・マドリーから移籍金500万ユーロでの獲得オファーを受けているナイジェリア代表DFテイ・タイウォであるが、マルセイユの監督を務めているディディエ・デシャンは慰留に努めている模様。

■ 先日リヴァプールから興味を持たれていると報道されたレンヌ所属のガーナ代表FWアサモア・ギャンは、さらにトルコ1部のフェネルバフチェから移籍金1200万ユーロでの獲得オファーを受けた模様。しかしレンヌ側は2000万ユーロという価格を設定しており、金額に開きがある。

■ サンテティエンヌはワールドカップでも活躍を見せたスイス代表DFスティーヴ・フォン・ベルゲンの獲得を検討している。フォン・ベルゲンが所属しているヘルタ・ベルリンは昨シーズン2部に降格している。

■ イングランド1部のアーセナルに所属するフランス代表DFウィリアム・ギャラスに興味を持っていると報道されたパリ・サンジェルマンであるが、クラブ側は「その予定はない」と否定した模様。

■ パリ・サンジェルマンは、ブラジル人MFネネーをモナコから獲得したことを公式に発表した。契約期間は3年間となった。

■ オセールはリールに所属しているポーランド代表MFルドヴィク・オブラニアクの獲得を狙っている。リールは放出に乗り気ではないが、400万ユーロの移籍金を設定し交渉のテーブルには着くようだ。オセールはチャンピオンズリーグ予選、リールはヨーロッパリーグへの出場が決まっており、早めの決着を目指している模様。

■ 昨シーズン、ロシア1部のゼニト・サンクトペテルブルクからモナコに貸し出されていたDFセバスティアン・ピュイグルニエは、レンタル期間を延長し今シーズンもフランスでプレーすることが濃厚となった。かねてより期間の延長をモナコ側は求めていたが、交渉は難航していた。

■ 精力的に補強を進めるアルル=アヴィニョンは3名の選手の獲得を発表。先日報道されたMFアイト・ベンニディルをル・アーヴルから獲得することに成功したほか、モンペリエから若手攻撃的MFレミ・カベラが、イングランド1部のブラックプールからアルジェリア代表FWハムル・ブアザが加入したと明かした。

■ 2部のナントに所属しているMFオレリアン・キャプーは、トルコ1部のカイセリスポルに移籍することが決定的となった。キャプーは昨季オセールに貸し出されていたが、レギュラーを奪えなかった。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名