■ 昨年1月からアンジェに貸し出されていた元ルーマニアU-21代表クラウディウ・ケセルは、移籍元のナントには戻らず完全移籍することとなった。ケセルは強烈な左足を持つストライカー。以前は怪童と噂される存在であったが、伸び悩みを続けていた。なおアンジェは昨シーズンのランスのキャプテンであるDFエリック・シェルの獲得も狙っている模様。

■ サンテティエンヌは元トゥールーズDFマルヴィン・エボンドの獲得を検討しているようだ。エボンドは攻撃力に優れた右SBで、MFロイク・ペランの退団に備えての補強だと思われる。昨シーズン限りでクラブとの契約が終了しており移籍金はゼロ。

■ トゥールーズは3部に降格したストラスブールに所属している元フランスU-19代表DFジャン=アラン・ファンショヌ、ギニア代表MFママドゥ・バーの獲得に乗り出しているようだ。ファンショヌはスピード自慢の攻撃力に優れた左SBで、バーは豊富な運動量を誇る守備的MF。

■ リールはロリアンMFモルガン・アマルフィタノの獲得に興味を持っている。アマルフィタノはテクニックに優れる攻撃的MF。

■ レンヌに所属しているガーナ代表FWアサモア・ギャンに対し、イングランド1部のサンダーランドがオファーを行っている模様。ワールドカップで活躍したギャンはプレミアリーグへの移籍を希望していた。

■ マルセイユとの契約交渉が進んでいなかったナイジェリア代表DFテイ・タイウォに対し、スペイン1部のアトレティコ・マドリーが興味を持っている模様だ。タイウォの契約は2011年までとなっており、今夏の移籍が確実と噂されていた。

■ モナコへの移籍を希望していると報道されたナンシーFWイシアル・ディアには、トルコ1部のフェネルバフチェも興味を示している。オファーの金額は600万ユーロ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名